MENU

車売却で売る方法

車の売却価格は、ディーラーよりは一括査定の方が高くなる事は多いです。その理由も複数あります。

 

ディーラーは売却ノウハウはあまり詳しくない

まずノウハウに関する違いです。一括査定では、原則として買取の専門店が手続きを行っています。それに対してディーラーでは、買取というよりは販売に強みがあるのです。
新車を購入するために、ディーラーに訪問をしている方々も多いです。
それでディーラーは、売却についてはあまり詳しくない傾向があります。確かに新車販売には詳しいのですが、必ずしも売却には詳しい訳でもありません。

 

買取価格は知識量に左右される

それで売却価格が高めになるかどうかは、総じて知識がポイントになってくるのです。
知識が多いお店では、車は高く売れる傾向はあります。逆にあまり詳しくないと、売却価格も限定される傾向はあるのです。
ディーラーは上記のような状況ですから、買取店よりは低くなる傾向があります。したがって一括査定の方が、ディーラーよりは高く売れる事が多いのです。

 

価格競争が前提になる一括査定

また一括査定の特性の1つは、お店同士の価格競争です。
まず一括査定の流れですが、基本的にはWEBを用います。売り手側としては複数店に対して査定の情報を送信するのです。それで画面に表示された複数のお店の中から、出張査定に来てもらうお店を選ぶ事になります。
それで選ばれた複数店は、他との競争が前提になる事をよく知っているのです。車の買取価格は、他のお店を意識しているかどうかで変わってくる傾向があります。ライバル店に負けたくないと考えるお店は、買取価格を引き上げてくれる事が多いのです。そして一括査定はライバル店との競争が前提になるだけに、買取価格も高くなる傾向があります。

 

ディーラー店には特にライバルが無い

これに対してディーラーというお店は、ちょっと事情が異なってくるのです。なぜならディーラーには、特にライバル他社もありません。他のお店の価格を、あまり意識していないのです。ライバルがなければ、必然的に買取価格も下がる傾向があります。
それに対して一括査定は、様々なお店との比較が前提になるだけに、買取価格も高くなる訳です。ですから下取りよりは、一括査定の方が高く売れる傾向があるのです。

 

パーツを評価するかどうかの違い

他にもあります。パーツに対する査定基準が、それぞれ異なるのです。
車というのは、様々なパーツの集合体です。一部のパーツを高く評価するか否かは、それぞれのお店によって異なります。
ディーラーというお店は、あくまでも車本体の価値で価格を判断する傾向があります。パーツはあまり高く評価されません。
それに対して車買取の専門店は、パーツも評価する事になるのです。たとえ車本体の価格がやや低めでも、パーツの価値が高いと判断されれば、高額売却になる事もあります。パーツが本体価格を補うようなイメージです。そういった事例が意外と多いのも、一括査定の特徴です。

 

 

車の売却で高く売れる一括査定

一括査定では、総じて車買取の価格は高くなりやすいです。やはりライバル他社を意識するという点が、とても大きいです。

 

ライバルとの競争が大前提になる一括査定

一括査定では、基本的にはお店同士の競争が発生する事になります。よく言われる話ですが、競争が発生した時は、買取価格も上がりやすいのです。やはりライバルを意識した時は、価格も高めになる傾向があります。

 

専門的なお店で高く売れる事もある

それと一括査定サイトに登録しているお店の中には、やや特殊な所もあります。
例えば外車です。車と言っても国産だけではなく、外国で生産されたタイプも数多いです。
それで外車が高く売れるか否かは、専門知識に左右される傾向があります。外車に詳しいお店の方が、高く売れやすいのです。逆に幅広いタイプの車を買い取っているお店では、価格も限定される傾向があります。
ところで一括査定サイトに登録しているお店の中には、外車の知識が非常に多い所もあります。ですから自分が保有している車に、思わぬ価格が付く事もあるのです。
それに加えて、上記のようなライバル他社の存在があります。ですから他社と比べると、かなり高値が付くケースも珍しくありません。

 

下取りと買取の違いについて

下取りと買い取りは、よく比べられる傾向があります。一言で申し上げれば、新車購入が前提になるか否かという違いがあるのです。

 

新しい車の購入が大前提になるディーラー

まずディーラーにて車を売却する場合、基本的には新しい車を買うことになります。いわゆる買い替え目的で、車を売る事になるのです。
下取りというのは、売却限定にする手続きではありません。新しい車と中古車売却の両方を、一度に行う手続きになるのです。

 

買取は売却だけを行う

そして買取は、必ずしも新車を購入する事はありません。あくまでも、車の売却だけに限定されます。このため遺産相続などで利用される事が多いです。
例えばAさんが他界し、免許を保有していないBさんが車を引き継ぐ事もあります。免許がなければ車を持て余すこと事になるでしょう。ですから、車を売却するケースも多いのです。
Bさんの場合は、下取りよりは買取の方が適しています。何せ自動車免許を保有していないのですから、新車を購入するニーズが無い事も多いです。しかも買取専門店では、ディーラーよりは買取価格も高くなりやすいです。ですからディーラーよりは、買取専門店の方がベターと言えるでしょう。

 

買取金額を上げる為の方法は、いくつもあります。基本的には事前準備と、お店同士の比較が大事です。

 

車の臭いは取り除いておく

まず車の臭いなどは、査定では減点要素になります。特にタバコの臭いが強い車などは、どうしても減点される事が多いのです。
ですから査定を受ける前に、ちょっと車の脱臭を行っておく方が良いでしょう。風通しを良くして、日光に1週間ほど当てておくと、かなり臭いが除去される傾向があります。

 

相場は調べておく

それと買取価格の平均額くらいは、調べておく方が良いでしょう。
お店が提示してくる金額は、必ずしも妥当な数字とは断言できません。本来の価格よりも、若干低めに提示してくるお店もあるのです。それで安く売却するのも、少々勿体ないです。
逆に車の買取相場を知っていれば、価格の妥当性も判断できます。ですから査定を受ける前に、まずは相場は調べておく方が良いでしょう。

 

お店で交渉をする

またお店から査定額を提示されたら、交渉を行ってみるのも一法です。お店から提示された金額が、少々安いと感じる事もたまにあるのです。
上記でも触れた価格相場よりも安いと感じたら、試しに交渉してみると良いでしょう。それで価格が引き上げられる事もあるからです。

 

ライバル他社を意識させる

そして何より大事なのが、他のお店との比較をする状態です。
やはり買取店としては、ライバル店を意識している事が大変多いのです。他社に負けたくないと思っているお店も多いです。
それを逆手に取り、「他のお店でも査定を受けている」という旨を話してみるのも一法です。それを聞いたお店の担当者は、ちょっと考えた末に価格を上げてくれる事もあります。

 

すぐに売る姿勢をアピールする

それと直ちに売る事をアピールしてみるのも、大いに有効です。
車の買取店としては、すぐに在庫を仕入れたいと思っている事も多いです。また営業ノルマなどの問題もあります。ですから「今すぐ売る」という旨を伝えると、買取価格が大きく上がる事もあるのです。

更新履歴
このページの先頭へ